症状ブログ

2013年5月14日 火曜日

アイシングについて

「重い物を持ったら急に腰が・・」
「朝起きたら首が回らない」

など経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここでは急な痛みが出た場合に有効な「アイシング」について説明していきます。

病院やマッサージで良くならなかった方、お体の不調でお悩みの方、ぜひご相談ください!
下の画像からお得なクーポンをご利用下さい。




①冷やすタイミング
急な痛みが出たら「すぐ」にアイシングを開始するのが理想です。
遅くても1時間以内に開始したほうが、効果が期待できます。


②冷やす時間
患部までしっかり冷やすために、「適切な時間」があります。
目安は、「感覚がなくなるまで」です。
個人によって差はありますが、概ね10分~20分位です。途中で「ピリピリ」、「温かく感じる」などを経ますが、完全に感覚がなくなるまでは冷やし続けてください。

その後、感覚が戻ったら(約40分前後)もう一度同じように冷やします。これを3回程行なうと、より効果が期待できます。


③その他注意
冷やす場合は、患部にタオルなど一枚当てて冷やして下さい。直接冷やすと凍傷を起こす危険があります。

このページで説明したものはあくまで「目安」です。症状、体格などによって対応は変化します。
詳しくはご相談下さい。



土曜・日曜も受付しています!
肩こり・腰痛・膝の痛み・超短波治療は横浜中央整体院つるみへ




投稿者 横浜中央整体院つるみ