症状ブログ

2013年8月 2日 金曜日

産後腰痛②

横浜市鶴見区の整体院 横浜中央整体院つるみです!

前回、産後腰痛①はこちら


産前産後の腰、背中、肩の痛み、その他不調でお悩みの方、ぜひご相談下さい!
下の画像からお得なクーポンをご利用下さい。




産後のケア

一番大事なことは「休息を取る事」です。
ライフスタイルが変化したとはいえ、育児の多くは母親が行なっているのが現状です。
日頃の家事に加え、授乳の為にまとまった睡眠が取れないなど体を休めるのは難しい様です。
そこで、簡単にできる体のケアをご紹介します。


横になる
イスに座る、ソファーに座るではなく、「横になること」が重要です。
横になることで「重力」から開放されます。重い頭を支えている首、赤ちゃんを抱っこする腕、そして体の土台である腰を重力から開放するだけで体は休まります。

ちなみにですが、身長は朝と夜では朝の方が高いです。これは朝の方が重力による椎間板への圧迫や筋肉疲労が少ない事が理由です。


部屋の照明レベルを下げる
照明に限らずテレビ、パソコン、スマートフォンなどの過剰な明かりは目を刺激して脳を興奮状態にさせます。
パソコンやスマートフォンなどの使用時間を減らし、部屋を僅かでも暗くする事で体は休みやすい状態になります。


「ベルト」にはご注意
「産後すぐに巻くだけ!」、「全国の病院で利用されています!」といったベルトを使用するときは、充分な注意が必要です。
万人に合うベルトは存在しません。骨盤の大きさや形は人それぞれなのですから。


当院での施術
出産してからの時間の経過によって施術内容が変わります。

出産すぐ~二ヶ月位
状況によりますが、この時期の患者様に対して骨盤矯正は基本的に行ないません。
筋肉の緊張を取り、運動療法なども併用して施術を行なうので、腰痛や臀部(おしり)の痛み、恥骨の痛み、尿もれといった症状にも対応できます。


二ヶ月以降
骨盤矯正を行なっていきます。
特に、出産して半年以上経過するのに腰痛などの症状が強く出ている方は、お早めにご相談下さい。
そのまま放っておくと、更に症状が悪化する可能性、骨盤が歪んだまま固定してしまう可能性、次の出産に悪影響が出る可能性などが出てきます。


施術前と施術後の違いがしっかり確認できます。
「骨盤矯正されたけど、何がどう変わったのか分からなかった。」ではなく
矯正前と矯正後に簡単なテスト(検査)を行なうことで、
「骨盤矯正を受けて、ここが変わった!」と具体的に違いが確認できます



当院は土地柄のためか開院当初から、産後の悩みで来院される方が大変多いです。
お子様連れで来院される方もいらっしゃいます。

まずはご相談下さい!相談は無料で承っております。

産後腰痛、恥骨の痛み、肩こり腰痛でお悩みなら横浜中央整体院つるみへ



投稿者 横浜中央整体院つるみ