症状ブログ

2013年9月 2日 月曜日

この時期の訴えの多い症状

横浜市鶴見区の整体院 横浜中央整体院つるみです!

まだまだ残暑が厳しい今年の夏。
連日の暑さもあって「足のむくみ」、「足のつり」、「便秘」を訴える方が非常に増えています。


足のむくみ、つり、便秘でお悩みの方、ぜひご相談ください!
下の画像からお得なクーポンをご利用下さい。



「足のむくみ」は簡単に言うと細胞と細胞の間に水がたまっている状態です。
血流や水分は心臓から出て、また心臓に戻ってきます。

足は心臓から離れた場所である事と、重力に逆らって心臓へ送り返さなければならないので、どうしてもむくみが出やすい状態に陥ります。

また、長時間の同一姿勢や水分の過剰摂取、アルコールなども原因の一つです。


「足のつり」は、その原因も有効な治療法も現在確立されていません。
ただし、筋肉の過緊張、冷え症、運動不足、水分や栄養の摂取不良などが大きく関係している様です。


「便秘」も様々な原因があるようです。
水分摂取量が少ない、便を何度も我慢してしまう、腸の運動が弱まる、加齢などが原因として関係します。場合によっては重篤な病気が隠れている事もあります。


冷えが原因
会社と自宅はもちろん、通勤や通学で利用する電車やバスなどで、一日中冷房の中に居る事による体の冷えが原因の一つのようです。

特に足のむくみ・つりは体が冷える事と非常に関連しています。
体を冷やさないように上着を一枚羽織るなどして対策しましょう。


水分補給をしっかりと!
この時期は水分不足によっても足のむくみ・つりは現れてきます。
汗をかくことで水分不足になり血流がドロドロになり、疲労物質などが流れにくい状態になるからです。
熱中症対策も兼ねてこまめに水分補給をしましょう。

ちなみに、水分と同時に塩分も摂取した方がいいとされていますが、肉体労働の方やそれに準ずる方、スポーツをする場合以外は、3食しっかり食べていれば改めての摂取の必要は無いとされています。


便秘の方は・・
当院を訪れる便秘の患者様にまず行ってもらうのが、「排便作用の練習」です。
食生活を変える、運動を始める、規則正しい生活を心がけることが大事。・・・というのは分かるのですが、それが出来ないから便秘になった訳です。急に生活リズムを変えることは相当に大変です。
よって当院では、すぐに出来る簡単な便秘解消法を行なってもらう事から施術を開始します。


早めの対策を
足のむくみ・つりが"たまに"起きるのであれば問題は無いですが、
毎日足のむくみが出る、連日の足のつりに困っている方はお早めにご相談下さい。

ほとんどの場合は問題なく、むくみ・つり・便秘は整体で改善が見込めます。
女性に多い静脈瘤なども、見た目を元の状態に戻す事は難しいですが、機能的には改善する事が可能です。放っておいても勝手に治る症状ではありませんので早めの対策が肝心です。

また、むくみが足だけでなく全身に及ぶ場合は、腎機能障害、糖尿病、心臓疾患などの可能性もあります。
むくみが日に日にひどくなっている、むくみっぱなし、という方は一度医療機関を受診しましょう。


夏の疲れがどっと出てくるこの時期。
不快な症状がある方はぜひご相談下さい!

足のむくみ・つり・便秘・腰痛・肩こりでお悩みなら横浜中央整体院つるみへ

投稿者 横浜中央整体院つるみ