症状ブログ

2013年5月31日 金曜日

バネ指

バネ指

横浜市鶴見区の整体院 横浜中央整体院つるみです!
病院やマッサージで良くならなかった方、お体の不調でお悩みの方、ぜひご相談ください!
下の画像からお得なクーポンをご利用下さい。



今回は、「ばね指」について考えていきます。
指を酷使する方、一定の反復動作を行う方、中年以降の女性に多く見られる疾患です。
痛みの他に、発赤、熱感、運動制限など症状は様々です。


当院での施術方法
バネ指は基本的に・・・
①筋肉を反復して酷使する
   ↓
②疲労物質が蓄積・血流が悪くなる
   ↓
③筋肉がガチガチになる
   ↓
さらに酷使 
   ↓
④関節の動きが制限される(この辺りになると動きに痛みを伴います。)
   ↓
さらに酷使、(痛みが激しくなり、仕事や家事に支障が出る場合も)
   ↓
⑤筋肉の一層の緊張、腱の疲労
   ↓
⑥筋肉の過緊張(拘縮)、腱の炎症 
   ↓
⑦バネ指の完成・発症
と推移します。

治療の基本は症状に関係する筋肉を柔らかくし、関節を柔軟にする事です。
よって、数字(①~⑦)が小さい状態でのケアが重要です。
⑤以降は改善するのに時間がかかります。④以前であれば改善は容易です。

施術の内容は患者様の状態で変化しますが、ダメージの損傷が激しい箇所を"叩く"のがセオリーです。
筋肉の緊張を取る事が最重要であり、その他運動療法なども取り入れて施術をしていきます。

どんな症状でも言える事ですが、「なってしまった」では遅いのです。「なる前」にケアするのが非常に大事です。
普段から腕、手、指を酷使している方は「少し痛いなあ」、「あれ、動かしづらいぞ」などの症状が出たら早めに対応して下さい。


なぜ発生?
バネ指が発症する一番の理由は"使いすぎ"です。
仕事や家事で手を酷使している方に多いです。
また、更年期や産前産後、糖尿病の方などにも見られます

バネ指は、指を曲げるときに使う「屈筋腱」とその腱を包んでいる「腱鞘」との間に炎症が起きている状態です。
指の曲げ伸ばしで「カクッ」となり、スムーズに動かす事が困難になります。
朝に症状が出る方も多く、激痛を伴う事もしばしばあります。


対処法
ご自分で出来る事は、「負担を減らす事」です。
負担をかけない為に、手ではなく肩で荷物を持つ、パソコンを15分使ったら5分休む、
テニスやゴルフは一時的に休むなど、できる範囲で負担を減らしましょう。
可能であれば、仕事や家事を完全に一時的に休む事で症状は軽減するはずです。

医療機関での治療は「安静」と「注射(ステロイドや局所麻酔)」が基本です。
「注射」だけでも炎症が取れて大幅に改善する事もあります。
また、状況によっては手術を選択する場合もあります。


バネ指でお困りの方はぜひご相談下さい!
相談はいつでも無料でおこなっております。

土曜・日曜も受付しております!
腰痛・肩こり・骨盤調整・超短波治療は横浜中央整体院つるみへ

投稿者 横浜中央整体院つるみ | 記事URL

2013年5月14日 火曜日

アイシングについて

「重い物を持ったら急に腰が・・」
「朝起きたら首が回らない」

など経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここでは急な痛みが出た場合に有効な「アイシング」について説明していきます。

病院やマッサージで良くならなかった方、お体の不調でお悩みの方、ぜひご相談ください!
下の画像からお得なクーポンをご利用下さい。




①冷やすタイミング
急な痛みが出たら「すぐ」にアイシングを開始するのが理想です。
遅くても1時間以内に開始したほうが、効果が期待できます。


②冷やす時間
患部までしっかり冷やすために、「適切な時間」があります。
目安は、「感覚がなくなるまで」です。
個人によって差はありますが、概ね10分~20分位です。途中で「ピリピリ」、「温かく感じる」などを経ますが、完全に感覚がなくなるまでは冷やし続けてください。

その後、感覚が戻ったら(約40分前後)もう一度同じように冷やします。これを3回程行なうと、より効果が期待できます。


③その他注意
冷やす場合は、患部にタオルなど一枚当てて冷やして下さい。直接冷やすと凍傷を起こす危険があります。

このページで説明したものはあくまで「目安」です。症状、体格などによって対応は変化します。
詳しくはご相談下さい。



土曜・日曜も受付しています!
肩こり・腰痛・膝の痛み・超短波治療は横浜中央整体院つるみへ


投稿者 横浜中央整体院つるみ | 記事URL

2013年5月12日 日曜日

ギックリ腰

強烈な痛みに襲われ一歩も動けない、歩くのもままならない、トイレに行くのもやっと、などと聞いた方や実際に体験した方も多いと思われます。
ここではギックリ腰について説明していきます。

病院やマッサージで良くならなかった方、お体の不調でお悩みの方、ぜひご相談ください!
下の画像からお得なクーポンをご利用下さい。




当院での施術方法
炎症が強く出ている事がほとんどですので、アイシングをして筋肉をゆるめることからスタートします。

ギックリ腰によって体全体のバランスが崩れていますので、筋肉や関節を緩めつつバランスを良くしていきます。

施術中の姿勢は「横向き」、「仰向け」、「座位」、「立位」のいずれかで行うことが多いです。
痛みが強くても楽な姿勢が必ずあります。その姿勢で施術を行うことで少しでもリラックスして頂けるように心掛けております。



なぜ起こるのか?

重い物を持った時、くしゃみをした時など、瞬間的な動作を「きっかけ」にギックリ腰になります。
しかし、「原因」は重い物をもった、くしゃみをしたからではなく、ほとんどの場合あなたの身体に問題があります。

当院では、
本来動くべきもの(筋肉や関節)が緊張を起こし、柔軟性が失われている為に動けない。
その動けない(動く範囲がせまい)状態で、無理して仕事やスポーツをし続ける事。

が原因であると考えます。

逆を言えば、筋肉や関節を柔軟にしておけばギックリ腰にならない(なりづらい)と言えます。


どう対処するのか?

・まずは冷静になりましょう。
初めて経験する痛みに動揺しますが、命にかかわる事は無いですし、歩けなくなったりすることもまずありませんので落ち着いて行動しましょう。

・自宅にいる場合は楽な姿勢になり、安静にしましょう。
楽な姿勢は人によって異なりますのでご自身で見つけてください。一般的に横向きで膝を抱え込む姿勢が楽とされています。

出先にいる場合も慌てる必要はありません。歩くのが困難であれば家族、同僚、周辺の方に助けを求めましょう。

ちなみに救急車は呼ばない方がいいです。前にも書きましたが命に関わる重大な疾患ではないので、救急車ではなくタクシーを呼びましょう。

・アイシング
安静にすること以外でできることは、アイシングです。アイシングの方法についてはこちらをクリック
安静とアイシングで、ある程度痛みは軽減するはずです。


下記に当てはまる方は一度医療機関を受診しましょう。
・ じっとしていても冷や汗が出るほど痛みが激しい
・ 楽な(痛みが軽減する)姿勢が全く無い
・ 痛みが2日~3日たっても引かない、または増悪している。
・ 強いシビレが併発している
・ 力が全く入らない
・ 排尿排便が困難←すぐに受診しましょう


インターネットにはご注意
痛いからといって、インターネットで「ギックリ腰・治し方」などと検索して、書いてあるものを実行するのは非常に危険です。
所在がはっきりしているページなら安心(無責任な事は書けないので)ですが、
何かを質問して、それを見ず知らずの他人が答える様なサイトには、全く信憑性がありませんのでご注意下さい。


どの位の期間で治るの?

強い痛みは2日~3日でかなり軽減するはずです。あせらない事が大事です。
完全に痛みが消えるまでは一週間以上かかることもあります。
また、痛みが落ち着いてきたら少しずつ運動する事も大事です。


初めての方はこちら!



土曜・日曜も受付しています!
肩こり・腰痛・ぎっくり腰・超短波治療は横浜中央整体院つるみへ

投稿者 横浜中央整体院つるみ | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31